僕はあれが大嫌いです。アクセサリーの一つでしょうが、本当に多くの車種にカーテンが引かれています。

憧れの車種はやっぱりオープンカー

街を走っていると、多くの車種にカーテンが引かれています。

ミニバンなどで功績にカーテンを引いているんは気にならないのですが、運転席や助手席にカーテンを引いて走っている車が本当に多いです。視界を遮られることで、事故に繋がることもあるハズです。レースのカーテンも見ていて気持ちの良い物ではありませんが、厚手のカーテンなどは最悪です。こんな車が非常に多いのです。リアハッチなどにカーテンを引いている車は、まだ納得できますが、車にとって、視界をいかに確保する言うことは絶対に必要な行為です。UVカットを施している車も多いのに、さらにカーテンを引くのは理解できません。第一、視界を遮るだけで無く、ゆらゆらと揺れるだけでも僕などは嫌です。

それだけで注意が散漫になってしまいそうだからです。カーテンはもちろんですが、ルームミラーにアクセサリーをぶら下げている車もよく見かけます。これなども車が動く度にかなり揺れると思うのですが、ファッションの一部かどうかは知りませんが、車にとっては不必要なモノだと思います。カーテンもアクセサリーもそれほど寿リュには響かないので、走りには関係ないと思いますが、重量級のアンプやスピーカーを積んでいる車も見かける事があります。これなどは走りに直結するので、車のことを考えるとかわいそうで仕方がありません。その車種本来の実力を出せないのは、本当にかわいそうだと考えます。ノーマルが一番良いとは言いませんが、走る、曲がる止まる、に必要のないものはできる限り積まないことだと考えます。

関連キーワード

Copyright (C)2018憧れの車種はやっぱりオープンカー.All rights reserved.